赤ワイン品種「カベルネ・ソーヴィニヨン」の特徴とおすすめワインをソムリエが解説します!

cabernet-wine

カベルネ・ソーヴィニヨンという品種の赤ワインはどんな味わいなの?

 

カベルネ・ソーヴィニヨンを使ったおすすめの赤ワインを教えて!

 

Yamaguchi
今回は、「濃厚・どっしり系」黒ブドウ品種の王様「カベルネ・ソーヴィニヨン」について解説したいと思います。また、カベルネ・ソーヴィニヨンを使用したおすすめの赤ワインもご紹介します!

 

この記事で得られること

①黒ブドウ「カベルネ・ソーヴィニヨン」の特徴が理解できる

②産地別カベルネ・ソーヴィニヨン・ワインのおすすめが分かる

 

世界各地で愛される!「カベルネソーヴィニヨン」とは?

 

cabernet-sauvignon

~ 黒ブドウ カベルネソーヴィニヨン ~

 

ワイン初心者から愛好家まで、世界中で愛される「カベルネソーヴィニヨン」

大きな理由は、適応性に優れ、カベルネソーヴィニヨンが好む日照と気候があれば、どこの国で飲んでも「豊かな果実味」「強靭な渋み」「上品な質感」「長い余韻」が堪能できる安心感になります。

「飲んだ瞬間から期待を裏切らない安心感」を与えてくれるのが、カベルネソーヴィニヨンの最大の魅力です。

いかにも赤ワインらしいどっしりとした味わいは、赤ワインの入門編にもおススメです。

 

栽培面積は、約34万ヘクタールを占め、世界で最も栽培されている黒ブドウ品種のひとつです。

起源は、フランス ボルドー地方で、黒ブドウの「カベルネ・フラン種」と白ブドウの「ソーヴィニヨン・ブラン種」の自然交配から誕生しています。

基本的に、黒系フルーツ、チョコレート、鉛筆の削りかす、杉のフレーバーが感じられます。

ブドウの種に含まれるタンニン(渋み成分)の強さが特徴的で、骨格のしっかりとした味わいです。

長期熟成にも耐えうるポテンシャルは、赤ワインファンから好まれる理由でもあります。

 

カベルネソーヴィニヨンが好む栽培適地

比較的温暖な気候で、水はけの良い砂礫質の土壌を好みます。

温暖なカリフォルニアや、チリ、南アフリカ等の産地では、カシスなどの黒系果実の凝縮感たっぷりの果実味が感じられます。

涼しい気候で育った場合や未熟なカベルネソーヴィニヨンからは、青ピーマンのような香りが顕著に表れます。

 

主な栽培地

フランス ボルドー地方のメドック、グラーヴ
アメリカ カリフォルニア州のナパ、ソノマ
イタリアのボルゲリ
オーストラリアのクナワラ
チリのマイポ・ヴァレー

 

栽培・醸造での特徴

①果粒が小さいため、高収量でも味わいが薄まりにくい

②成熟が遅い品種のため、砂礫質の暖かい土壌で栽培されることが多い

③タンニンが豊富なので、単一品種だけでは硬質な味わいになるため、他品種とブレンドして醸造されることが多い

④タンニンは樽熟成を行うことで酸素と結合し“まろやか”になるため、木樽とは相性が良い

では、次に産地別でカベルネソーヴィニヨンのお勧めワインをご紹介していきますね。

 

補助品種とのブレンドにより世界に名だたるワインを輩出する「ボルドー地方」

 

chateau-lynch-bages

~ ボルドー メドック地区格付け第5級「シャトー・ランシュ・バージュ」の樽熟成庫 ~
濃密で力強い現代的スタイルのカベルネソーヴィニヨンを使った赤ワインを生産

 

世界中にファンを持ち、「ワインの女王」の名で讃えられるフランス ボルドー地方。

女王の名で呼ばれるのは歴史的背景が関係しています。

元々、フランス王室で親しまれていた「ワインの王様」ブルゴーニュワインの後で知られるようになったボルドーワイン。

先のブルゴーニュワインがワインの王様なので、後のボルドーワインは「女王になった」と言われています。

また、類まれな知性と緻密で繊細な風味は「高貴な女性」を彷彿とさせます。

 

ボルドー地方の中でも、砂利質土壌のメドック地区やグラーヴ地区で栽培され、黒ブドウの「メルロー種」や「カベルネ・フラン種」などの補助品種とブレンドして造られています。

気候の関係で、カベルネソーヴィニヨン単一で造ると硬質な味わいになってしまいます。

ブレンドすることで、ワインに丸みや複雑さを与えることが出来ます。

そして、晩熟であるカベルネソーヴィニヨンが収穫期の降雨により被害を受けた場合、補助品種で収量や風味を補うことができる利点もあります。

 

シャトーって何?

ボルドー地方のワイン名で「シャトー・〇〇」と聞くことが多いと思います。

このシャトーとは、ワイン生産者を意味する言葉で、ブドウの栽培、醸造、出荷までを一貫して自社で行う生産者のことです。

現在では、約7,000軒を超えるシャトーがワインを生産しています。

 

\クラシックなカベルネ主体のボルドー赤ワイン好きな方にお薦めの1本!カベルネ・ソーヴィニヨン主体ワインの2000円台プティシャトーでは、傑出のおいしさ!/

カベルネ系ボルドー 2,200円

 

\今飲み頃まさにピーク!の2006年ヴィンテージ熟成ボルドーワイン。ジャック&エルヴェのペドロ家が所有する19世紀から続くクリュ・ブルジョワ級シャトー。深みのある味わいをお楽しみください。/

飲み頃ボルドー 3,300円

 

\ソムリエ・ワインエキスパート有資格者が厳選した、絶対にハズさないフランス ボルドー地方産赤ワイン6本セット/

ボルドー6本セット 11,994円

 

カベルネソーヴィニヨン単一のみで品種らしさを表現!「カリフォルニア州・ナパ・ヴァレー」

 

napa-valley-cabernet-sauvignon

~ カリフォルニア州ナパ・ヴァレーのカベルネソーヴィニヨン ~
ナパ・ヴァレーは、フランス ボルドー地方と肩を並べるほどの銘醸地
温暖な気候を活かした「果実味豊かでなめらかな質感」が特徴

 

Opus-One-Szmurlo

~ カリフォルニア州ナパ・ヴァレーの「オーパス・ワン」ワイナリー ~
オーパス・ワンとは音楽用語で「作品番号1番」の意味で、『一本のワインは交響曲、一杯のグラスワインはメロディのようなものだ』という考えからロスチャイルド男爵が命名。カベルネ・ソーヴィニヨン種を主体とし芳醇で深みのある味わい。カリフォルニア・プレミアムワインの模範的存在。

 

カリフォルニア州だけで、世界第4位の栽培面積を誇り、量、質ともに、アメリカ最大の生産地です。

気候も土壌もエリア毎に多種多様なカリフォルニア州。

葡萄畑は、州をほぼ横断するように広がっています。

この地には、実に108のAVA(合衆国公認の栽培地域)が存在します。

 

カリフォルニア州の中でも、温暖で日照の強いナパ・ヴァレーではブドウが完熟するため、単一品種でも完成されたワインになります。

造られたワインは、見事なバランスと、タンニン、酸共に磨き上げられたなめらかさを持ち、品種ならではの構造と品位を示します。

また、ナパ・ヴァレーはワイナリー・ツアーが盛んで、多くの観光客で賑わっています。

 

\パワフル&フルーティ、渋み柔らかで飲みやすい!本格感・贅沢感のある素晴らしいカリフォルニア産カベルネ主体の赤ワイン/

カリフォルニア・カベルネ 2,200円

\カベルネソーヴィニヨン100%!ナパ・ヴァレーの最北端、カリストガはナパでも際立つ完熟度を誇る。凝縮した果実とリッチなボディは、ナパの高級ワインにも匹敵する品質。/

ナパ・カベルネ 8,400円

 

\【カリフォルニア含む4か国!】黒ブドウの王様『カベルネ・ソーヴィニヨン』の魅力を楽しむ6本セット!濃厚パワフル、それでいてバランスよくエレガント…「本当においしいカベルネ・ソーヴィニヨン」だけを集めたセット。同じブドウ品種でも、驚くほどの多様性!/

カベルネ6本セット 9,999円

 

まとめ

 

今回は、赤ワインのブドウ品種「カベルネソーヴィニヨン」について解説しました。

フランスやアメリカ以外にも、「オーストラリアのクナワラ」や「チリのマイポ・ヴァレー」等、カベルネソーヴィニヨンで成功している国は、まだまだたくさんあります。

各地域のカベルネソーヴィニヨンを飲み比べても面白いと思いますよ。

料理に合わせる場合は、しっかりとしたタンニン(渋み)を持つカベルネソーヴィニヨンに合わせて、脂身の多いお肉を合わせてみてください。

口中で、ワインがお肉の脂身を中和してくれますよ。

今後のワインライフにご活用くださいね!

 

chardonnay-wine
白ワイン品種「シャルドネ」の特徴とおすすめワインをソムリエが解説します!

続きを見る

white-wine-best
2022年版!ソムリエが選ぶ 白ワイン品種「ソーヴィニヨン・ブラン」のおすすめワイン 10選!

続きを見る

ご購入前やご購入後のご相談やご質問はお気軽にソムリエ無料相談までお問い合わせ下さい!

ソムリエ無料相談

-おすすめワイン紹介, 豆知識・お役立ち情報