2022年度版!白ワイン品種「ソーヴィニヨンブラン」の特徴とおすすめワインをソムリエが解説します!

sauvignon-blanc-wine

ソーヴィニヨン・ブランという品種の白ワインはどんな味わいなの?

 

ソーヴィニヨン・ブランを使ったおすすめの白ワインを教えて!

 

Yamaguchi
今回は、「柑橘・爽やか系」白ブドウ品種の代表格「ソーヴィニヨン・ブラン」について解説したいと思います。また、ソーヴィニヨン・ブランを使用したおすすめの白ワインも産地別でご紹介します!

 

この記事で得られること

①白ブドウ「ソーヴィニヨン・ブラン」の特徴が理解できる

②産地別ソーヴィニヨンブランのおすすめワインが分かる

 

個性あふれる品種香が魅力!「ソーヴィニヨン・ブラン」とは?

 

new-zealand-sauvignon-blanc

~ ニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランの葡萄畑 ~
ソーヴィニヨン・ブラン種の鮮烈な香りを世界に訴求することで成功したニュージーランド

 

華麗な香りの競演と鮮度の高い酸こそが、ソーヴィニヨン・ブランの魅力です。

ハーブ、グレープフルーツ、パッションフルーツのほか、カシスの芽の香りなど、グラスの中で生き生きとした表情を見せてくれます。

若草の清々しい香りが立ち上り、春や新緑の訪れと生きる喜びを感じさせてくれる、、そんな品種です。

 

世界での栽培面積は約3万ヘクタールで、白ブドウ品種としては世界第3位の規模を誇っています。

フランス ボルドー地方が原産と言われており、黒葡萄カベルネ・ソーヴィニヨン種の親であり、白葡萄シュナン・ブラン種、トラミナー種との関連も指摘されています。

この品種で表現されがちな「青草っぽい香り」は、メトキシピラジンという化学物質に起因するもで、冷涼な気候のもとで育った未熟なソーヴィニヨンブランで過剰に感じられる傾向があります。

逆に、完熟したソーヴィニヨン・ブランは、グレープフルーツやパイナップル、カシスの芽など、心地よいフレーバーが感じられます。

 

ソーヴィニヨンブランが好む気候

比較的暖かく、寒暖差が激しくない「温和な気候」を好みます。

寒すぎると酸味が強くなり、ソーヴィニヨン・ブラン種でしばしば表現される「猫のオシッコ臭」が感じられます。

暑すぎると酸味が乏しく、ぼやけた味わいになります。

 

主な栽培地

フランス(ロワール地方、中央フランス地区、ボルドー地方、南西地方)
アメリカ(カリフォルニア州)、スペイン、チリ、南アフリカ、ニュージーランド等

 

栽培・醸造での特徴

①樹勢が強い為、台木の選択や剪定には注意が必要

②爽やかなハーブ香を生かす為、ブドウの房に日光が当たらないように栽培されることが多い

③華やからしさを表現する為、醸造工程で「スキンコンタクト」と呼ばれる果汁に果皮を浸漬する技術を用いる生産者が多い

④生き生きとした酸が魅力の為、酸を乳酸と二酸化炭素に分解するマロラクティック発酵(MLF)はあまり行われない

 

代表的な香り

レモン、ライム、グレープフルーツ、ベルガモット

ジャスミン、芝生、カシスの芽、スモーク、火打ち石、チョーク

暖かい気候の場合は、パイナップル、パッションフルーツ

 

総じて、ハーブや柑橘類等の個性あふれる品種香や鮮度の高い酸がソーヴィニヨン・ブランの魅力であり、「白ワイン=スッキリ、爽やか」というイメージを構築した代表的な品種でもあります。

では、次に産地別でソーヴィニヨン・ブランのお勧めワインをご紹介していきますね。

 

涼やかなタイプから重みのあるタイプまで幅広く生産する「フランス」

 

bordeaux-winery

~ ソーヴィニヨン・ブランで世界最高峰の白ワインを造る フランス ボルドー地方の葡萄畑 ~

 

フランスにおいて、ソーヴィニヨン・ブランの二大銘醸地と言えば「ボルドー地方」と「ロワール地方」です。

ボルドー地方では、木樽で発酵・熟成させた厳格な酸と重厚感を併せ持つワインが造られています。

また、ボルドー地方のソーテルヌ地区バルサック地区では白ブドウ品種セミヨンと共に、極甘口のデザートワインも生産されています。

 

ロワール地方のロワール川上流の冷涼なサントル・ニヴェルネ地区では、品種と産地由来の爽快さを強調する為、ステンレスタンク醸造で清涼感のあるクリーンなワインが造られています。

代表的なワインで、強めのハーブ香、フレッシュな酸味が特徴の「サンセール」は地方でも別格的な存在です。

 

\『世界で一番愛されているボルドーワイン』桃や柑橘類の果実のようなフルーティーな香り。 新鮮な果実味といきいきした酸味が心地よい上質な白ワイン 最安2,098円~/

 

\和食との相性抜群!フレッシュなハーブ、シトラス、白い果実の瑞々しい香り。日本人の繊細な味覚にジャストフィットする優美なスタイルの白ワイン/

サンセール 4,450円

 

\爽やかで薫り高い辛口白、ソーヴィニヨン・ブラン。実は同じ仏ロワール地方産のものでも、村によって結構スタイルが違うんです。飲み比べの面白さを是非楽しんでください!/

飲み比べ4本セット 8,999円

 

鮮烈な香りを世界に訴求することで成功した「ニュージーランド」

 

marlborough-grape

~ ソーヴィニヨン・ブランにより国内随一の評価を獲得した「マールボロ地区」の葡萄畑 ~

 

ワイン新興国の中では、唯一の冷涼気候であるため、独特の存在感を発揮しているニュージーランド。

西オーストラリア州に本拠を置く「ケープ・メンテル社」が、マールボロ地区に創設した「クラウディ・ベイ」のソーヴィニヨンブランが、1985年イギリスで評判になり、世界の注目を一躍集めました。

その後は、耕作面積が驚くほど短期間に拡大を遂げています。

ソーヴィニヨン・ブランの代表的な産地はマールボロ地区で、「ソーヴィニヨン・ブラン種の基準」と言われるまでに成功を収め、国内栽培面積の約半分を占める大産地となっています。

 

\世界が白に目覚めた1本! 素晴らしい凝縮感とピュアな果実味を持つソーヴィニヨン・ブランで高い認知度を持つクラウディー ベイのマールボロ・ソーヴィニヨンブランです!3,050円~/

 

\日本で一番売れている ニュージーランドワイン「シレーニ」。熟した果実味に綺麗な酸、清涼感を感じさせるハーブのニュアンスが見事に調和した味わい 最安1,963円~ /

 

まとめ

 

今回は、白ワインのブドウ品種「ソーヴィニヨン・ブラン」について解説しました。

フランスやニュージーランド以外にも、「イタリアのフリウリ州」や「チリのレイダ・ヴァレー」等、ソーヴィニヨンブランで成功している国は、まだまだたくさんあります。

各地域のソーヴィニヨンブラン・ワインを飲み比べても面白いと思いますよ。

料理に合わせる場合は、清涼感がありエレガントなソーヴィニヨン・ブランに合わせて、ハーブの香りを生かしたさっぱりした魚料理を合わせてみてください。

今後のワインライフにご活用くださいね!

 

white-wine-best
2022年版!ソムリエが選ぶ 白ワイン品種「ソーヴィニヨン・ブラン」のおすすめワイン 10選!

続きを見る

chardonnay-wine
白ワイン品種「シャルドネ」の特徴とおすすめワインをソムリエが解説します!

続きを見る

ご購入前やご購入後のご相談やご質問はお気軽にソムリエ無料相談までお問い合わせ下さい!

ソムリエ無料相談

-おすすめワイン紹介, 豆知識・お役立ち情報