白ワイン品種「シャルドネ」の特徴とおすすめワインをソムリエが解説します!

chardonnay-wine

シャルドネという品種の白ワインはどんな味わいなの?

 

シャルドネを使ったおすすめの白ワインを教えて!

 

Yamaguchi
今回は、栽培される産地の気候により様々な表情で楽しませてくれる、白ブドウの頂点に君臨する「シャルドネ」について解説したいと思います。また、シャルドネを使用したおすすめの白ワインもご紹介します!

 

この記事で得られること

①白ブドウ「シャルドネ」の特徴が理解できる

②産地別シャルドネワインのおすすめが分かる

 

白ブドウのアイドル的存在「シャルドネ」とは?

 

chardonnay-grape

~イタリア北部トレンティーノ・アルト・アディジェ州のシャルドネ種~

 

白ブドウの「シャルドネ」という品種の名前は、ワイン通ではなくても一度は耳にしたことがあるかと思います。

世界での栽培面積は約5万ヘクタールで、白ブドウ品種としては世界第2位の規模を誇っています。

シャルドネの起源は、黒ブドウのピノ・ノワール種と、中世のフランスにおいて広く栽培されていた白ブドウのグエ・ブラン種の子孫であると言われています。

発芽が早く、遅霜の害を受けやすい事が欠点ですが、基本的に病害に強く、環境への適応性が極めて高いことが大きな特徴です。その為、世界中で栽培していない産地がないほどの人気者です。

 

ワインの色合いは、「薄い黄緑色」から「黄金色」を呈するものまで、まさに色とりどり。

味わいは、「爽やかな酸味」を持つものから「柔らかくコク」のあるものまで多岐にわたります。

どんな気候にも適応し、全てを受け入れる寛容な性格の為、栽培地域の気候が与える影響は大きく、冷涼な気候の産地では「シャープな酸味を伴う柑橘系」の味わいになり、温暖な気候の産地では「凝縮感たっぷりのトロピカルフルーツ様」の味わいとなります。

 

シャルドネ種のポイント

①品種固有の香りが乏しい為、産地や醸造方法によって風味が大きく変わる。

②ブドウは早生な性質で、気温が高すぎると酸が抜け、味わいがぼやけたワインになりやすい。その為、栽培には比較的涼しい土地が望ましい。

 

主な栽培地

フランス(ブルゴーニュ地方、シャンパーニュ地方、ジュラ地方、ラングドック地方、プロヴァンス地方)
アメリカ(カリフォルニア州)、イタリア、スペイン、カナダ、チリ、アルゼンチン、南アフリカ、中国、オーストラリア、ニュージーランド、日本(長野県、宮崎県)等

 

Yamaguchi
どんな土地であれ、いかなる醸造方法であれ、優れた全てのシャルドネのワインに共通する個性は、万人受けする「芯を持った力強さ」です。では、次に気候や醸造方法によって変化するシャルドネを産地別に解説していきますね!

 

冷涼な産地の「シャルドネ・ワイン」

 

chablis wine

~写真は冷涼な気候のフランス シャブリ地区のブドウ畑~
一般的にシャブリの白ワインは、「強めの酸味」と「ミネラルを備えた鋼のような硬さ」が特徴的です。

 

冷涼な産地で、尚且つ醸造工程で主にステンレスタンクを使用した場合のシャルドネ・ワインの特徴は、「シャープな酸味」「豊かなミネラル」「スッキリとドライな味わい」になります。

ちなみに、冷涼な気候でも、醸造工程に「木樽」を使用したシャルドネ・ワインは、まろやかでコクのある味わいになります。

そして、冷涼な産地のシャルドネは酸が強いため、酸を乳酸と二酸化炭素に分解するマロラクティック発酵(MLF)を行い、酸味を和らげまろやかに仕上げるワインもあります。

 

参考

ステンレスタンクのワインと木樽ワインの味わいの違いについては、下記の記事をご覧ください↓

ワイン初心者必見!「ステンレスタンクのワイン」と「木樽のワイン」味わいの違いとは? - ワインのエトセトラ (winelife2021.site)

 

シャルドネワインが有名な冷涼産地

フランス北部~中部(シャンパーニュ地方、ブルゴーニュ地方)
イタリア北部(トレンティーノ・アルトアディジェ州、ヴァッレ・ダオスタ州、ロンバルディア州、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州)
オーストリア、ドイツ、スイス、ハンガリー、カナダ、ニュージーランド等

 

Yamaguchi
それでは、冷涼産地の「今飲んで欲しい!シャルドネ・ワイン」をご紹介していきますね!

 

\シトラスフルーツの心地よいアロマが広がる!ヴィンテージ・シャンパーニュに比肩する熟成期間を経て生み出されるシャルドネ100%の「イタリア産高品質スパークリングワイン」/

ペーリ・タレント 3,168円

 

\仏のシャルドネの定番と言えばシャブリ!!「今注目の最新鋭生産者」が造るシャブリらしさがしっかり詰まったコクのある辛口白ワイン/

シャブリ 3,000円

 

\イタリア北部の名門「トラミン」がステンレスタンクのみで造るシャルドネ。熟した果実のボリュームが十分感じられ、シャープな酸とのバランスが素晴らしく調和した味わい/

トラミン シャルドネ 2,673円

 

\4人の職人的生産者が仕込む上質ブルゴーニュ・シャルドネ飲み比べ4本セット/

お買い得!シャルドネ・ワイン4本セット 9,999円

 

温暖な産地の「シャルドネ・ワイン」

 

chardonnay-wine-field

~ 温暖な産地 南アフリカ「ステレンボッシュ」のシャルドネの収穫写真 ~
夏は暑く乾燥する地中海性気候で、ワインは「穏やかな酸味」に「果実の凝縮感溢れる味わい」になります。

 

温暖な産地では、一般的に酸味は控えめで、熟れた果実の風味をまとった、コクのあるワインになります。

ミディアムボディからフルボディで、アルコール感のあるしっかりとした味わいが特徴的です。

醸造工程に「木樽」を使用した場合、さらに濃縮感のある味わいになります。

元々、酸味は少ないので、冷涼産地で行われているマロラクティック発酵(MLF)は行われません。

 

シャルドネワインが有名な温暖な産地

フランス南部(ラングドック地方、プロヴァンス地方)
イタリア南部(アブルッツォ州、カンパーニャ州、プーリア州、シチリア州)
アメリカ(カリフォルニア州)、スペイン、オーストラリア、南アフリカ、アルゼンチン、チリ等


Yamaguchi
それでは、温暖産地の「今飲んで欲しい!シャルドネ・ワイン」をご紹介していきますね!

 

\パイナップルやマンゴーなど、完熟トロピカルフルーツのように濃厚でまろやか、『スペイン最高のワイン』とも評された造り手による、極限まで果実味が凝縮したシャルドネ。/

アナヨン・シャルドネ 2,800円

 

\南仏の豊かな太陽と暖かな気候に丁寧に育まれた、南国フルーツの充実感たっぷりのシャルドネ。完熟したパイナップルのような甘い香りに、夏みかんや柚子を想わせる柑橘の清涼感溢れる香り。/

シャトー・アルトニャック 3,800円

 

\リピーター続出のカリフォルニア・シャルドネ!トロピカルな果実やレモンのクリーム・ブリュレを思わせるふくよかな香り。リッチな果実はドライなフィニッシュまで続きます。/

テート・ドッグ シャルドネ 4,290円

 

まとめ

 

今回は、白ワインのブドウ品種「シャルドネ」について解説しました。

ポイントは、冷涼な気候だと「シャープな酸味」「ドライな辛口」であり、温暖な気候だと「酸味は控えめ」「コクのある辛口」であることを覚えておくと、自分好みのシャルドネ・ワインが見付けられます。

同じ冷涼な気候でも「ステンレスタンクのシャルドネ・ワイン」と「木樽のシャルドネ・ワイン」を飲み比べても面白いと思いますよ。

今後のワインライフにご活用くださいね!

 

sauvignon-blanc-wine
2022年度版!白ワイン品種「ソーヴィニヨンブラン」の特徴とおすすめワインをソムリエが解説します!

続きを見る

the aging of the wine
「ステンレスタンクのワイン」と「木樽のワイン」味わいの違いを知ることで見分け方のコツを理解!

続きを見る

ご購入前やご購入後のご相談やご質問はお気軽にソムリエ無料相談までお問い合わせ下さい!

ソムリエ無料相談

-おすすめワイン紹介, 豆知識・お役立ち情報